ワルシャワ」タグアーカイブ

ほっこりノスタルジックなワルシャワの旅 – 路面電車

ほっこりノスタルジックなワルシャワの旅 – 今日は路面電車(トラム)のお話です。
みなさんはヨーロッパで最初に路面電車が走ったのはどこか知っていますか?
答えは1854年のパリ。その後ロンドンが1860年、ジュネーブ1862年、ペテルスブルク1863年、そして1865年にウィーンとベルリン、その1年後の1866年12月がワルシャワになります。
ワルシャワに初めて登場した元祖トラムは車両を馬が牽引するもので運賃はひとり15コペイカでした。その当時15コペイカがどういう価値があったかというと砂糖500グラムの値段だったそうですよ。レトロな馬のトラムは20世紀に入ると徐々に電化が進み、1908年春から16年の間にすべて電化へ切り替わりました。

ワルシャワに比較的早く路面電車が走るようになったのは、当時ポーランドを分割していた三か国の首都(ベルリン、ウィーン、サンクト・ペテルスブルク)への移動をスムーズにするためで、ワルシャワ市内に点在した終着駅の接続便として開業しました。下の写真はワルシャワ・ペテルスブルク駅(今のWarszawa Wileńska駅)とワルシャワ・ウィーン駅(現存せず)を結んでいたトラムです。

ワルシャワ・ペテルスブルク駅(現ワルシャワ・ヴィレンスカ駅)はヴィスワ川の右岸プラガ地区にあり、ペテルスブルク・ワルシャワ鉄道の西の終着駅でした。帝政ロシアでは線路に5フィート軌間が使われていたため、ヴィスワ左岸にあったワルシャワ・ウィーン駅までの接続としてトラムが活躍しました。ワルシャワ・ウィーン駅はワルシャワ・ウィーン鉄道の駅で軌間は1435ミリだったのです。その昔の名残で、1948年まではワルシャワの路面電車の7.6キロメートル分が1525ミリの幅になっていましたが、のちにすべて1435ミリに統一されて今に至っています。
150年以上もの間ワルシャワで市民や旅行者の足となってきたトラムは飛行機よりも自動車よりも歴史がある乗り物です。ワルシャワに立ち寄ることがあれば、トラムで歴史巡りのワンデートリップを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ワルシャワ・ペテルスブルク駅
ワルシャワ・ウィーン駅(現存せず)

ワルシャワの人魚の伝説をご紹介します

イメージ 1


今日はワルシャワのシンボル「人魚」の伝説をご紹介しましょう。
続きを読む

ショパンの心を感じて…ワジェンキ公園からのピアノコンサートをオンライン配信

例年5月半ばから開催されるワルシャワ・ワジェンキ公園のショパン野外ピアノコンサートですが、今年はワルシャワ市の協力でワジェンキ公園内オランジェリーにてピアノコンサートを実施し、オンライン配信をすることになりました

続きを読む

5月16日ワルシャワ→成田にLOTポーランド航空特別機が運航

在ポーランド日本大使館からのお知らせにワルシャワ→成田の特別便が運航するという情報がありました。日本への帰国を希望されている方に広く知っていただくため、情報をシェアしたいと思います。詳しくお知りになられたい方、お問い合わせがある方は下記の在ポーランド日本大使館領事班へお問い合わせください。

続きを読む

今秋のショパンコンクールが2021年に延期に

今秋ワルシャワで開催予定の第18回ショパン国際ピアノコンクールが2021年10月に延期となりました。この機会にポーランドへの旅行を予定されていた旅行者の皆様やショパンコンクールを組み込んだ商品を造成されていた旅行会社の皆様には大変残念なお知らせになりますが、現在進行形のコロナ禍のため、やむを得ない選択となりました。

続きを読む

8/18 21時からBS TBS 「高嶋ちさ子 麗しのポーランド音楽旅」

バイオリニスト高嶋ちさ子さんのポーランド紀行をご紹介する番組が8月18日(日) 夜9:00~10:54まで放送されます。

ワルシャワからクラクフザコパネとショパンからポーランドの緑豊かな山の街のバイオリン工房の訪問や人々との交流までたっぷりと旅行に行った感覚でお楽しみいただける番組です。
思い返せばこの撮影のお話があったときにロケ地の選定などいろいろとアイデアをご提供させていただき、もうすぐ放送日を迎えることになりとても感慨深く思います。南ポーランドのポトハレ地方の弦楽器製作専攻科がある学校とその学科の創設者についてなど、関連情報を調べて行くなかでこれまで知らなかったことがいくつもでてきて大変勉強になりました。
日本からの取材でポーランドと音楽いえばショパンの域をでることが少なく、今回の番組は音楽に興味がある方、また旅に出てみたいといわれる方、ただ世界について知りたい方にも十分応えられる内容になっていると思います。ぜひごらんくださいね。

https://www.bs-tbs.co.jp/journey/takashimapoland(公式サイト)


ポーランド・プレスツアー参加者を募集中

夕暮れのワルシャワ。右から二番目は文化科学宮殿。

こんにちは。
今日は朝から急ぎの案件が舞い込んできました。
プレスツアーを7月12日から26日まで行う予定でいるのですが、キャンセルがお一人出てしまい急遽参加できる方を探しています。
ブロガー、ユーチューバー、`インスタグラマー、出版社、プレス関係の皆様でご都合の合う方のお申し込みをお待ちしています。

概要は以下の通りです。
訪問先はワルシャワ(7月19日から21日)、クラクフとその周辺(21日から25日)
往復LOTポーランド航空利用で成田ーワルシャワ、クラクフ(ワルシャワ経由)成田までを飛んでいただきます。しかも帰りはプレミアムエコノミーをご体験いただくことになっています。
ご参加希望の方は、印刷媒体の場合、発行部数、読者層等についての情報、ネットの場合は月間PV, UUなどの詳細を添付してお申し込みください。
締め切りは7月8日までですが、その間に決定した場合は受付終了とさせていただきます。

申込書と同じ内容をメールに箇条書きでご記入いただいても結構です。
送り先: info.jp@poland.travel
皆様のご応募をお待ちしています!

第15回ショパンと彼のヨーロッパ音楽祭 チケット販売中

今年15回目になる「ショパンと彼のヨーロッパ音楽祭」(2019年8月14日から9月1日)はに開催されますが、そのチケットの販売が3月5日より始まっています。お出かけの予定がきまっているなら、ぜひぜひお早目にお求めください。今年中心になるのはポーランドやそのほかのヨーロッパのオペラがテーマ。
イベントの公式アプリで最新情報や前回までの内容、また今年の詳しいプログラム、またアーチストのプロフィールなど、この音楽祭についての情報がギッシリです!
チケット情報はこちらから→http://festiwal.nifc.pl/en/2019/bilety/